前へ
次へ

保育士になるための資格の取り方について

保育士になるための資格を取るためには、厚生労働大臣が認定した、専門学校や短大、4年制の大学に通う必要性があります。
保育士になるために、専門の学校に通った場合は、国家試験を受けなくても保育士の資格を取得することが可能です。
その中には、実際の保育園と児童福祉施設、両方の校外学習を修了しておく必要性もあります。
この様な話をすると、保育士になるためには、狭き門と思われてしまいますが、他にも方法があります。
通信講座の利用や指定以外のスクールに通い、実際に保育士になるための試験を受ける方法です。
保育士になるための講座内容やスクールに通うための期間の中には、半年ほどで修了できる内容もあります。
ただし、合格率は2割、3割程度と言われており難易度は高く、一度の試験で合格ができない可能性があります。
しかしながら、一度合格した科目は、3年間有効であるため、3年を視野に入れて保育士の勉強をされるのもお勧めです。
保育士の資格を持ち合わせていれば、働き口も広がり、役に立つ資格として力を発揮してくれるでしょう。

Page Top